天満さとう水倶楽部

satomizu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 14 )

第18回さとう水の会

2014年12月14日、年末の忙しい時期に時間のある人を募ってさとう水の会、以前好評だったすっぽん鍋でさとう水の宴を開催しました。会場は四季彩粋堂島店、大ちゃんが丁寧に仕込んだすっぽんは臭みもなく最高の味わいでした~011.gif 前回の9月のすっぽんも勿論美味しかったけど、今の季節栄養を蓄え冬眠に入りたてのすっぽんは栄養も乗り最高でした012.gif
a0131578_929521.jpg

今回のお酒は滋賀県甲賀市のお酒、”笑四季”です。『香り』ではなく『甘味』を中心軸として作り出された最高のさとう水。流石に大人のさとう水だけにただ甘いだけではなくキレと深みを感じます016.gif

Web URL 
http://www.emishiki.com/index.html

今回のお酒リスト
笑四季 Sensation 山田錦 別仕込 2,592円(税込)
■原材料:米・米麹■滋賀県産山田錦 ■精米歩合:麹米50%、掛米60%■アルコール度数16度
■酵母:2NF■日本酒度+2■酸度1.7

笑四季 特別純米 ひやおろし きりぎりす2,592円(税込)
■辛口■原材料:米・米麹 ■原料米:滋賀県信楽町産越神楽 ■精米歩合:60%
■アルコール度数16度 ■日本酒度:+5.0 ■酸度:1.5

笑四季 untied  赤ラベル2,592円(税込)
■やや辛口 ■原材料:米・米麹 ■原料米:山田錦 ■精米歩合:60%以下 
■アルコール度数:16度 ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開
復刻限定酒。カットレモンの感覚で味を締めたい時に飲みたくなる、シャープな辛口タイプの味わい。杜氏の竹島さんのメッセージとして「このお酒は『シェフの気まぐれ料理』の位置づけで、狙って造ったわけでもない。来年あるかどうかもわからない。」

笑四季 マスターピース4号 大吟醸原酒 花と雨 3780円(税込)
■淡麗甘口■原材料:米・米麹■原料米:滋賀県産山田錦 精米歩合45%、掛米:滋賀県産山田錦 精米歩合45%■アルコール度数16度■酵母:笑四季吟3号+K601■日本酒度(-)1■酸度1.7 
■アミノ酸度1.1
「花と雨」は酵母のブレンドに由来し、華やかな笑四季吟醸酵母と清水のような清らかさと穏やかさを持つ6 号酵母の組み合わせによる五味の調和を目指した。。。らしいです!

笑四季 マスターピース3号 3888円(税込)
■やや辛口 ■原材料:米・米麹 ■原料米:山田錦 ■精米歩合:45% ■アルコール度数:16度 ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開

笑四季 マスターピース7号 サンライズ 3780円(税込)
■アルコール度数17度■原材料:米・米麹■滋賀県産山田錦 精米歩合50% 掛米:滋賀県産山田錦 精米歩合50%■使用酵母:笑四季吟22 号 ■日本酒度(+)0.5 ■酸度1.5 ■アミノ酸度1.0
金沢系酵母使用。抑え目な香りは濃醇辛口酒。

笑四季 ワールドピース8号 3888円(税込)
■やや甘口 ■原材料:米・米麹 ■原料米:滋賀県産吟吹雪 ■精米歩合:50% 
■アルコール度数:16度 ■日本酒度:-6 ■酸度:1.45
国内、輸出共通仕様のお酒。マスターピースは「Masterpiece」で傑作という意味。海外では誇大広告扱いになり商標としては使えないということで「ワールドピース」という商標になったらしい。強い甘み、果実味を感じながらも酸が絶妙にまとめてくれる。重くなく優しい余韻を感じるお酒。

More
[PR]
by satoumizu999 | 2014-12-14 12:25

さとう水の会、番外編;くえ鍋でさとう水

2013年12月15日、年末の忙しい時期に時間のある人を募ってさとう水の会、番外編;くえ鍋でさとう水の宴を開催しました。ご参加くださった皆様、ありがと~003.gif 何時になく酔っ払いの写真が(自分を含め)多いように思います~012.gif

今回もお世話になった会場は四季彩粋、堂島店。大ちゃんにお世話になりました~072.gif

a0131578_10114734.jpg


今回のお酒は持ち寄りで。。。
川鶴、醸し人九平次、笑四季、に何と日本盛の金賞受賞酒037.gif

More
[PR]
by satoumizu999 | 2013-12-15 10:00

第16回さとう水の会

 2013年9月8日(日)、第16回さとう水の会を開催しました。今回のお酒は栃木県小山市にある小林酒造の”鳳凰美田”です。会場は四季彩粋、堂島店。店長の大ちゃんが天然のすっぽんですっぽん料理とすっぽんの鍋を用意してくれました。

 仕込から丁寧に手間と時間をかけて、素材のうまみを最大限に生かしたお料理をもてなしてくれました。すっぽんがこんなに美味しいものなのかと、どう表現したら好いのか解らない。。。とにかく感動の数時間をお酒とのマリアージュを楽しみながら過ごすことが出来ました010.gif

a0131578_228564.jpg


More
[PR]
by satoumizu999 | 2013-09-08 21:56

第15回さとう水の会

a0131578_12294057.jpg


 2013年4月21日、桜が散る季節、第15回さとう水の会を開催しました。今回は京都にあるJAM HOSTELの池田君のお店、SAKE BARでお酒と食事を用意してもらいさとう水を楽しみました~ゝ(・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・)ノ 今回ふるまっていただいたお酒は伏見、藤岡酒造のお酒”蒼空” 美味しいお酒と食事のマリアージュは最高でした~010.gif

More
[PR]
by satoumizu999 | 2013-04-21 12:00

第14回 さとう水の会

今回のお酒は山口県の”五橋”です。”五橋”とは、言わずと知れた錦帯橋のことです。
お店は昨年も利用させていただいた「玄品ふぐ 北梅田の関」です。年始ということもあり、河豚尽くしでのさとう水となりました。
a0131578_1253316.jpg


More
[PR]
by satoumizu999 | 2013-01-27 12:30

第13回さとう水の会

 平成24年なんと2回目のさとう水の会は12月になってしまいました011.gif
H24.12.2、第13回さとう水の会を開催しました。お酒は山形の地酒 " くどき上手 "
梅田の達屋で会場、食事はお世話になりました019.gif
a0131578_15401899.jpg


More
[PR]
by satoumizu999 | 2012-12-02 15:04

第11回さとう水の会

2011.9.25、 第11回さとう水の会を開催しました。今回も総勢14人、沢山の参加者で賑わい今回も楽しい宴となりました。お世話になったお店は西梅田、アバンザの真向かいにあるお店 "四季 彩粋 堂島店"。 昔から行きつけの料理屋さんで修行していた大ちゃんが切り盛りするお店で美味しい料理をふるまってくれました。

今回のお酒は三重県鈴鹿の地酒 『作』

このお酒を醸す清水醸造は本年まで全国新酒鑑評会にて5年連続金賞受賞している酒蔵です。
杜氏さんも昭和47年生まれの若い杜氏さん。これからも楽しみな酒蔵じゃないでしょうか003.gif

a0131578_1273769.jpg


More
[PR]
by satoumizu999 | 2011-09-25 12:17

第10回さとう水の会

 2011.4.17、記念すべき第10回、今回は初めて大阪を離れ、神戸三宮の天ぷら専門店”の村”さんにお世話になりました。サクサクで上品な天ぷらはあっさりとした味わいで、いくらでも食べれます。
 お酒は山口県の八百新酒造株式会社さんのお酒、”雁木”です。山口のお酒は獺祭に続き、2回目です。
a0131578_2257312.jpg


More
[PR]
by satoumizu999 | 2011-05-16 10:51

第9回さとう水の会

2011.2.6、 第9回さとう水の会を開催しました。沢山の参加者で賑わい今回も楽しい宴となりました。
お世話になったお店はとらふぐ料理専門店 ” 玄品ふぐ ” 北梅田の関 です。

格安料金で美味しい料理を提供していただきありがとうございました010.gif

さてさて、今回のお酒ですが、佐賀の酒蔵 富久千代酒造のお酒「鍋島」。
2010年7月号 雑誌「食楽」では日本酒番付1位になったお酒です。鑑評会でも数々の受賞歴があります。
繊細さは勿論ですがどちらかと言うと力強さを感じるお酒でした012.gif

a0131578_2342973.jpg


More
[PR]
by satoumizu999 | 2011-02-06 23:24

第8回さとう水の会

 場所はいつもお世話になっているお店”達屋 本店”です。いつも営業時間前に無理言って開けてもらい、感謝しています。今回も15人と大勢の方々に参加していただきました。
お酒は栃木のとんがった蔵”仙禽(せんきん)”です。
 仙禽(せんきん)は、江戸時代後期の文化三年(1806年)に栃木県さくら市に創業した蔵元です。仙禽(せんきん)とは仙人に仕える鳥「鶴」を表し、この蔵の名前として代々、受け継がれてきました。仙禽(せんきん)と書かれたラベルの文字はご覧の通り「鶴」の姿を表現しています。この蔵は2008年に長男の薄井一樹氏が新会社「せんきん」を設立。その新会社に事業譲渡を行い、心機一転しました。伝統を重んじながらも、現代の食生活にも合う良質な酒造りを行う事になりました。
●完全に我が道を歩んでいます
●常識を打ち破る「木桶仕込み+亀ノ尾」で酒類鑑評会に挑戦。

a0131578_8335480.jpg


More
[PR]
by satoumizu999 | 2010-09-12 17:39