天満さとう水倶楽部

satomizu.exblog.jp
ブログトップ

第3回さとう水の会

2009.6.21、 第3回さとう水の会を開催しました。今回も楽しい宴を開くことができました。

a0131578_19302374.jpg




お世話になったお店はJR吹田駅が最寄りの”アンタルヤ高鍋”
以前からよくお世話になっているお店でフレンチと日本酒のマリアージュを楽しみました。

a0131578_19312686.jpg


今回は奈良の地酒、梅の宿酒造のお酒を楽しみました。

a0131578_19323730.jpg


ホワイトソースのグラタン、食べるのが夢中で写真忘れちゃいました012.gif

a0131578_1933316.jpg


・ファンタジー純米発泡酒 330ml
アルコール度7%の発泡純米酒です。従来の日本酒党の方はもちろん、今まで清酒と向き合った事のない方にお奨め。酵母の働きにより生じた炭酸ガスをじっくりと溶け込ませます。酵母が生きているから、グラスに注げば、デリケートな泡が舞い踊ります。お米だけでていねいに手作りした、低アルコールのやさしい微発泡酒です。
■原料米 未発表■精米歩合未発表■アルコール度数6.5度 ■酒度-40
■酸度4.5■アミノ酸1.0 


・梅乃宿 アンフィルタードサケ山田錦 1.8L 2009年1月醸造
■原料米、山田錦米■精米歩合50%■アルコール度数17.5度 ■酒度+3
■酸度1.4■アミノ酸1.4■自家培養酵母 
手間暇かけて育てたモロミを酒袋に詰めて、柔らかく搾った純米吟醸酒を火入れも濾過もせず、搾りたてのそのまま瓶詰めしました。豪快な酸味、ふくらみのある味わい、ごく微細な炭酸ガスの心地よい刺激・・・・そのみずみずしさ、すがすがしい美味しさは、一度味わったら忘れられません。いわゆるうすオリかみ酒でオリの沈殿は3~5ミリぐらいで、ゆっくり撹拌すると
舞い上がるように霞んでいきます。 新酒の時はシャープな味わいで、新酒らしい少し荒さが感じられいかにも搾りたて!って感じです。ふくらみのある味が心地良く喉で広がっていきます。


・梅乃宿 純米大吟醸 袋吊り搾り原酒《雫》備前雄町 1.8L 
■原料米、備前雄町■精米歩合39%■アルコール度数17.5度■酒度+4■酸度1.4 
・梅乃宿 純米大吟醸 袋吊り搾り原酒《雫》山田錦米 1.8L
■原料米、山田錦■精米歩合39%■アルコール度数17.5度■酒度+4■酸度1.4
最高の酒造好適米の山田錦《特A》、備前雄町を40%以下にまで磨き上げ、葛城山系の清らかな湧水で仕込んだ純米大吟醸生原酒です。低温でゆっくりと醗酵させ、華やかな吟醸香を放ち始めたもろみを酒袋に詰めて吊るして、酒の自重だけで滴り落ちた《雫》だけを瓶詰めしました。銘杜氏、高橋幹夫、南部流の技が冴えわたる逸品です。純米大吟醸ならではの淡麗にして口に広がる豊かな味わいをお楽しみ下さい!
[PR]
by satoumizu999 | 2009-06-21 12:30 | さとう水