天満さとう水倶楽部

satomizu.exblog.jp
ブログトップ

第15回さとう水の会

a0131578_12294057.jpg


 2013年4月21日、桜が散る季節、第15回さとう水の会を開催しました。今回は京都にあるJAM HOSTELの池田君のお店、SAKE BARでお酒と食事を用意してもらいさとう水を楽しみました~ゝ(・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・)ノ 今回ふるまっていただいたお酒は伏見、藤岡酒造のお酒”蒼空” 美味しいお酒と食事のマリアージュは最高でした~010.gif



以下蔵元HPより。。。

 藤岡酒造は明治三十五年十月に初代藤岡栄太郎により京都市東山区にて酒造業を始めました。
当時の醸造石数は千二百石余りだったようです。その後、滋賀県大津市に製造場を増 設するなどし、明治四十三年になりようやく伏見の地に製造場をもうけ、大正七年になりやっと現在の地で製造するようになりました。
最盛期には、八千石程のお酒を製造していたようです。当時は「万長」という銘柄を中心に展開し 地元の人々を中心に長年の間 親しまれ続けていました。
しかし、平成六年九月三代目藤岡義文の急死がきっかけとなり 平成七年に藤岡 酒造の歴史は一旦幕を閉じます
「なんとかもう一度お酒を造りたい…」五代目蔵元・藤岡正章が各地の酒蔵で 勉強を重ね多くの人たちの協力のもと 平成十四年新しい酒蔵の建築から「藤岡酒造」の再生を試み その冬蔵元自ら杜氏となり新しいお酒を造り始めました
その年出来たお酒はわずか二十八石(約5000リットル)
新しく造ったお酒は全て手作りの純米酒。そのお酒には「蒼空」と名付けました。まさに青空を思わせるような爽やかで優しい味わいは今 藤岡酒造の新しい歴史を作ろうとしています。

a0131578_13322872.jpg

池田君の挨拶、お酒の紹介から、「お願いします」ではじまりました~011.gif
a0131578_1333418.jpg

みんな楽しく日曜の昼下がり。。。
a0131578_13333120.jpg

ワイワイがやがやと盛り上がっています037.gif
a0131578_13592797.jpg

さし入れのお酒達。なんぼ呑むねん012.gif
a0131578_13421110.jpg

 今回の宴は13人、楽しく日曜の昼下がりを楽しみました019.gif
[PR]
by satoumizu999 | 2013-04-21 12:00